ピラティスの歴史

みなさん、ピラティスと聞いてピンときた人が全国にどれだけいるでしょうか?
もちろん女性の方は雑誌やテレビなどで拝見した事があるかと思いますので、男性の方はというと、ほとんどの方がピンとこないと思います。
私も男なので、その男性達と同じといって過言ではありません。

そもそもピラティスとはどのようなものなんでしょうか?今回はピラティスの歴史について紐解いてみましょう。

ピラティスとは正式名称はピラティス・メソッド(Pilates method)と呼ばれ、その起源はとゆうと1920年代までさかのぼることになります。
最初に行った人はドイツ人従軍看護師のジョセフ・ピラティスと呼ばれる方です。なお、このピラティスとは、簡単にいうと、日本でも馴染みのあるエアロビクスを元に開発したエクササイズと言われています。

そもそもこのピラティスとは、第一次世界大戦に広く浸透したと言われており、その戦争によって負傷した兵士のリハビリテーションのためのフィットネスプログラムであったと言われています。

なお彼は1926年にアメリカに渡ってニューヨークにスタジオを設立し、そのメソッドはジョージ・バランシン、マーサ・グラハム等のダンサーやスポーツ選手らに支持をされて、その後、さらに発展していったと言われています。

私が驚いたのはそんなに昔に開発されたエクササイズが今、また女性を中心に日本でもブームになっているのは、そのエクササイズがよほど効果があり、理に適っているものだからという事が言えるのではないでしょうか?


呼吸法