ピラティスの呼吸法

前回はピラティスの歴史について触れていったので、今回はピラティスのしくみについて触れていきましょう。

そもそもピラティスで一番大事なのは呼吸法と言われています。その呼吸法は胸式呼吸と呼ばれていて、この胸式呼吸というのは、息を鼻から吸い、口では吐くものです。お腹を膨らまして呼吸するものではありません。ここではその基本の呼吸法について学んでいきましょう。

吸うときには肋骨を広げて吸い、また、吐くときには肋骨の間を空気が抜けていくように吐くという動作を行います。ここで私達が注意したいのは腹式呼吸ではないため、より深く、たくさんの酸素を体内に取り込むことが出来るという点です。

この動作によって、深く呼吸出来ますので、筋肉や神経をほぐす事になり、それによってリラックス効果をもたらす事が出来ます。また、この動作により、副交感神経(※自律神経のひとつ)を刺激する事になりますので、体の集中力を高めるとゆう効果も実感出来ます。さらに、横隔膜が活発に動きますので、下がりがちな内臓も正しい位置に引き上げる事にもつながりいい事ずくめです。

このようにピラティスとは、女性だけでなく、男性も自分の健康を考える人達にとっても、このピラティスというトレーニングは人間工学的にも理に適ったエクササイズと言えるのではないでしょうか?


ピラティスの歴史スクール